WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル谷口商会

特許技術移転契約締結 環境保全へ普及図る

 オイルフェンス販売などの谷口商会(株)(岡山市藤田338-31、谷口亀三郎社長、資本金3500万円)は、このほど、同社が保有する特許「油吸収剤及び油吸収方法」(コーヒー豆から吸油効果を持つ活性炭の生成技術とその転用)の技術移転ライセンス契約を、(株)ビー・オー・ビー(香川県)と締結。特許を活用した新商品を開発した。
 
 同商品は活性炭を不織布で棒状に包んだもので、主に排水中の油分を吸収。排水設備に入れておくと油汚れや腐敗臭などを抑える効果があり、飲食店などでの使用を見込んでいる。商品化に向けては香川県内の飲食店や厨房排水設備会社の協力を得て半年間の試験を重ねた。

 原料のコーヒー殻は大手コーヒーメーカーも処理に苦慮しており廃棄物が再利用できるとあって一石二鳥。使用後は通常の生ごみで処理でき、維持費も月1万円程度で安価などと利点も多く、今後の普及拡大が期待されている。

 今回の技術移転は(社)発明協会岡山県支部のコーディネートによるもので、これで平成12年以降の累積契約件数は51件となった。

PAGETOP