WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルアジル・スイート

新ヤフー対応のHP制作 検索での上位表示を実現

 ホームページ制作の(有)アジル・スイート(赤磐市殿谷1138-99、藤井賢吾社長、資本金300万円)は、このほど、検索エンジンで上位表示を目指すHP制作サービス「ファースト・クラス」の提供を開始した。独自のSEO(検索エンジン最適化)技術が特徴で、中小企業でも大手企業を抑えて上位への表示を実現しやすくなるという。

 SEOはヤフー、グーグルなどの検索エンジンに自社のホームページを上位表示させるための技術で、ネット販売の成功には不可欠の対策として急速に普及しつつある。検索エンジン最大手のヤフー日本法人ではこれまで、スタッフの人手を介して登録したサイトを優先的に画面表示するシステムを採用していたが、技術レベルの向上で近年ではコンピューターの完全自動化による検索精度が向上。同システムをいち早く採用しているグーグルへ上級者を中心に利用者がシフトし始め、対抗策としてヤフーも近く切り替えを予定している。

 つまり「有料の登録制だったヤフーでも今後はSEOによる対策をしていなければ表示が後ろの方になりかねず、逆に企業規模に関係なく充実したサイトであれば上位表示が可能」(藤井社長)な状況が整うことになる。

 同社は、経営コンサルティング会社、インターネットコンテンツ事業などに携わってきた藤井社長の経験に基づくノウハウで、地方では珍しい専門的なSEO技術のほか、それらを核にした「集客」と「販売」を区別した独自の方法論を提供。ネット通販業者で売り上げが10倍に伸びたケースのほか、業種によって差はあるものの「最低でも数倍の効果は上がっている」(同)という。

 計画立案から運営支援まで一括受託した場合の料金は平均130万円で、初年度3000万円の売り上げを見込む。

 問い合わせは同社(電話08699-5-3567)へ。

PAGETOP