WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[オフィス]  メールを10倍活用

Q.メールを素早く手軽に受信する方法はありますか?

A.PCのメールを携帯電話に転送

 ほとんどの読者の方がメールを使われていると思うが、外出や出張していたらメールのチェックはできない。ノートパソコンを持参するのも面倒だ。ザウルスやパームなどのモバイルPCも便利だが接続が面倒だ。

 そんな方に朗報。メールを携帯電話のメールに転送するのだ。メールが来たらすぐにわかるし、どこにいても受信できる。メールをチェックしなくても勝手に受信できるという点も大きい。プロバイダーによっては、メール転送サービスは標準サービスのところも結構ある。また自社でメールサーバーを運用している場合はまず大丈夫だろうし、レンタルサーバーを利用している場合も簡単に設定できるはずだ。ただし、転送したメールをメールサーバーに残すようにしておく必要がある。そうしないとパソコン側にメールが残らなくなってしまう。

 メールは受信さえできればいい。緊急の用件以外、何もムリして携帯でメールを送ることはない。内容を確認してから、返事が急ぐようであれば電話すればいいし、急ぎでなければ、後でゆっくりPCで確認すればいい。

 1日に何十通もメールを受信する場合は、メール代が高くつくので注意が必要だ。ボーダフォンの場合は最も有利。何と言っても192文字までは無料で受信できる。ヘビーユーザーにはおすすめだ。次はエーユー。パケット割を利用すれば通信料が半分以下になる。ただし、エーユーの場合、最大5000文字までのメールは全て受信してしまい、文字数の限定ができない。ある程度長いメールでも受信できる代わりにメール受信代が割高というデメリットもある。
 
 メールに関してだけ言えばドコモは最も割高だ。最大400パケットの無料サービスのみでメールに関する割引サービスはない。しかし、受信文字数を制限できるので、標準の250文字に設定しておけば、よほど大量に受信しない限り、極端な金額にはならない。またフォーマなら、パケットパックを利用すればかなり安くなる。ただし、1000文字が最低になるので、パケットパックに加入しない場合には、やや高めになる。


(株)サイトウジムキ社長
斎藤謙次氏
倉敷市児島駅前1-22-3
TEL086-474-2700
http://www.office-goods.co.jp/

本誌:2003年11.1号 57ページ

PAGETOP