記事検索 ■カテゴリ ■フリーワード入力欄

巻頭特集U

ホテル計画続々

岡山駅周辺で約1000室増 “バブル”懸念し戦々恐々

 昨年、JR岡山駅東口周辺へのホテルの新設計画が続々と発表された。市街地再開発を中心に明らかになっているものだけで約850室が増える計算。さらに不動産事業者によると複数の大手ホテルチェーンが同エリアで用地を探しており、周辺ホテルでは「最終的に1000室は超える」と予測している。全国的な観光需要の増加を背景に、新設ラッシュの様相を呈しそうだ。

<<続きはログインしてから閲覧ください>>
本誌: 2018年1.1号 8ページ
 
 
戻る
 
  • 企業年報
  • ebooks
  • WebVision