記事検索 ■カテゴリ ■フリーワード入力欄

巻頭特集

待ったなし!老朽化施設の耐震化

大規模21施設 震度6強で倒壊の恐れ

 岡山県と岡山、倉敷など6市が3月22日に老朽化した大規模建築物の耐震診断結果を公表したことを受け、所有者の間で耐震補強、建て替えなど対策を検討する動きが広がっている。さらに今後診断・公表義務化の対象は岡山市中心部の主要道路沿道の建築物にまで拡大する。ようやく安心安全へのまちづくりに動きだしたが、多額の改修費用など課題は山積だ。

<<続きはログインしてから閲覧ください>>
URL: 岡山市役所
倉敷市役所
岡山県庁
資料: taishin.xlsx
本誌: 2017年5.22号 4ページ
 
 
戻る
 
  • 企業年報
  • ebooks
  • WebVision